MEMBER

メンバー紹介

役員

松下 和彦代表取締役社長

1983年日本アイ・ビー・エム株式会社入社。主に金融機関担当営業畑を歴任。1991年よりニュージーランドに約10年在住し、自身の事業会社を立ち上げる。帰国後外資系ERP会社セールスダイレクターを歴任後、豪州医療機器会社レスメド社の日本法人社長を約10年務めたのち、フクダ電子株式会社執行役員を経て2018年9月当社代表取締役社長に就任。

南 尚人執行役員(事業管掌)兼 エンタープライズ事業本部 本部長

2005年富士通株式会社に入社。UNIX構築支援などに従事した後、サービス企画部門にてクラウドサービス商品化と新規事業開発を担当。ペット保険会社との協業で動物病院向け電子カルテ事業を立ち上げる。その後、戦略コンサルティング会社のマネージャー、ベンチャーでの事業責任者などを経て2018年3月に当社入社。
同年5月より当社執行役員に着任。事業部門全体を管掌。

マネジメントチーム

当社のマネジメントチームには、グローバルIT企業での事業推進および医療ICTサービスに関する知見を併せ持つメンバーが参画しています。

大松 良司エンタープライズ事業本部 本部長補佐

2004年オムロンフィールドエンジニアリング株式会社に入社。画像センサのテクニカルサポートに従事。半導体商社にて組み込みエンジニアとしてミドルウェアの開発、プリセールスを担当。株式会社マクニカに転職。S/Wビジネスの立ち上げ、IoTボードのH/W開発、販売を経験。以降、大手SIerにてAIサービス企画開発のマネージャーとして音声/対話サービスを経て現在に至る。
2019年7月に当社入社。2019年8月エンタープライズ事業本部 本部長補佐に着任。

近藤 大介チャネル事業開発本部 本部長

2001年株式会社太陽企画に入社。人材採用コンサルタントとして延べ500社のコンサルティング営業担当業務に従事。その後、2012年起業。学生に営業を教える個別指導事業を開始。以降、複数のベンチャー企業にて取締役、営業責任者、事業責任者を経て2019年1月当社にゼネラルマネージャーとして入社。
2019年5月CS推進本部 本部長着任を経て、2019年8月チャネル事業開発本部 本部長に着任。

井上 奈緒子CS企画推進本部 本部長

2009年三井住友銀行に入行。法人営業を経て、関係会社の経営管理・M&A支援業務に従事。2013年に株式会社リクルートマーケティングパートナーズに転職。事業企画プランナーとして、同社の教育事業ドメインの事業計画の策定、KPI価値マネジメント等を担当。
2018年9月に当社入社。ビジネス開発本部GM、CS推進本部 本部長補佐を経て、2019年8月CS企画推進本部 本部長に着任。

見藤 大ユーザーサポート本部 本部長

2005年株式会社CIS(現 株式会社保険見直し本舗)に入社。オペレーターとして保険募集に従事。沖縄コールセンターの立ち上げ通販部門を担当。2012年から、同社執行役員兼営業統括部長として対面販売チャネルの拡大を担う。その後、ベンチャー企業の取締役を経て2018年5月に当社入社。
2019年8月ユーザーサポート本部 本部長に着任。

先濱 英充開発本部 本部長代理

2003年住商情報システム株式会社(現 SCSK株式会社)に入社。SEとして製造・流通系企業に対するシステム構築・運用事業に従事。2010年からGMOメディア株式会社に転職。toC向けメディア事業でエンジニアリングマネージャーを担う。その後、アジャイル開発の導入、ベトナムオフショア運用等を実施。同社にてマザーズ上場を経験。
2018年7月に当社入社。2019年8月開発本部 本部長代理に着任。

社外取締役

当社の社外取締役陣はライフサイエンスやバイオテクノロジー事業推進の経験とベンチャー業界の豊富な知見を有するチームから成り立っています。

丹下 智広社外取締役

株式会社INCJ ベンチャー・グロース投資グループ / マネージングディレクター、2016年より現任(非常勤)

2006年アーンスト&ヤング(EYTAS)入社。多数の価値評価、組織再編、ストラクチャーアドバイス業務に従事。2010年から産業革新機構に参画し、投資戦略企画立案、新規事業投資、海外企業買収、事業部門成長投資(カーブアウト)、ベンチャー・グロース投資及びファンド投資に携わる。主な領域として、AI・IoT・ビッグデータ、ロボティクス、インダストリアルインターネット、デジタルヘルスケア等の新領域開拓及び大企業連携等に従事。

石槫 智晃社外取締役

グローバル・ブレイン株式会社 / ベンチャーパートナー

2001年にリクルート入社。リクルートでは旅行領域などの販促支援領域における事業企画や新規事業の立ち上げを担当後、同社のコーポレート全体のグローバル展開や新規事業開発を目的としたCVC業務及びM&Aなどの投資業務に従事。2016年からグローバル・ブレインに参画し、ベンチャー企業への投資及び経営面・事業面での支援に従事。

顧問

当社の顧問は、ファウンダー特別顧問として創業者である伊東学が就任し、長期ビジョン・製品戦略へのアドバイスを担います。また、医療インフラを支えるための技術顧問としてRuby言語の生みの親であるまつもとゆきひろ、医療ビッグデータおよびデータ分析のコアを担うため元IBMでBIの指揮を執った成田徹郎が顧問として参画しています。

伊東 学ファウンダー特別顧問

1994年 日本オラクル株式会社に入社し、エンジニアとしてマルチメディアシステム、ビデオアーカイブシステム、ネットワークコンピュータ事業等に従事。その後、同社のソリューション事業戦略に参画し、インターネット事業、携帯コンテンツ事業、医療、出版・印刷等、様々な企業の新規事業立ち上げに携わる。2005 年より当社代表取締役に就任し一貫して医療コミュニケーション事業に関わる。2019年5月より当社ファウンダー特別顧問へ就任。

小倉 佳浩特別顧問

1986年 日本アイ・ビー・エム株式会社入社。システムエンジニアのプロジェクトリーダーとして各種 プロジェクト企画・推進に携わる。95年に日本オラクル株式会社に移籍し、アプリケーション事業部ソリューショングループ・リーダーとして国内のERP 立ち上げプロジェクトに携わるなど。厚生労働省「日本人の食事摂取基準」、日本糖尿病学会等の各種ガイドラインに準拠したエビデンスに基づいた栄養DBシステムで特許取得。2012年より当社取締役。2019年9月より当社特別顧問就任。

まつもとゆきひろ技術顧問

プログラミング言語「Ruby」の生みの親。日本を代表するプログラマー。 経歴:大阪府生まれ。筑波大学第三学群情報学類卒業。静岡県浜松市に居住していた頃、効率的に記述できるプログラム言語の実現を目指し、Rubyの開発を始めた。その後、手軽なオブジェクト指向スクリプト言語として日本国外にも普及。「Matz」の通称でも知られていて、英語圏などで広く定着している。現在はネットワーク応用通信研究所 (NaCl) に勤務。株式会社ネットワーク応用通信研究所フェロー、Rubyアソシエーション理事長、楽天技術研究所フェロー、Heroku チーフアーキテクト、島根県松江市名誉市民。

成田 徹郎顧問

1971年日本IBM社に入社。2010年2月日本IBM社を定年退職し株式会社MBIの顧問に就任。 1997年よりバランス・スコアカード手法に接し、2000年より日本能率協会のBSCコンソーシアム副代表幹事を任命され、BSCのIT活用の普及活動に従事。元国際医療福祉大学大学院 特任准教授、非常勤講師、日本BSC学会 理事兼事務局長、ヘルスケア ICT 推進会(HIPA)事務局長等を歴任し、現在に至る。