INTERVIEW

社員インタビュー

いいサービス×挑戦度の
高いビジネスモデル

CS企画推進本部 本部長 兼経営戦略プロジェクト室 事業戦略担当 井上 奈緒子

価値観の転換。

エンブレースに入社する前は、金融・教育と全く異なる業界で働いていました。前職では(エンブレースに入社するきっかけにもなった)社会課題を解決するためにビジネスという手法を選ぶ、という発想や、それを継続し続けることの難易度を学びました。また私自身のありたい姿として、先人が過去に築いてくれたビジネスモデルの改善だけでなく、新たなビジネスモデルを生み出し育てることに挑戦したいという欲求を抱くようになりました。

いいサービス×挑戦度の高いビジネスモデル。

MCSのサービスに出会ったとき、率直にすごくいいサービスだと感じました。今でも家族に使いたいサービスだと強く思います。また医療介護関係者、患者家族に無料でサービスを提供しながら、広告やデータ販売「以外」のビジネスモデルを志向していたのが、非常にユニークで、難易度は高いが面白い挑戦だと感じました。この「心から良いと思えるサービス」、「挑戦度の高いビジネスモデル」、そして医療介護領域の課題と市場規模の大きさ、がエンブレースに飛びこむ決め手になりました。

もっと知ってほしい、使ってほしい。

私現在は、MCSのユーザーグロースをミッションに持つ部門の責任者を担当しています。医療・介護関係者の方に「より使いたい」「紹介したい」と感じて頂けるサービスに磨きつづけることは大前提ですが、MCSの認知を高め、興味関心を持っていただく機会を増やすために、いわゆるマーケティング手法や、広報的な活動まで、部門のメンバーと共に日々検討し、実行しています。また実際に、日本全国の各地域にお伺いし、医療・介護者の方々や、医師会や行政の方々が主催する会議体に参加させて頂くことも多いです。

医療介護の専門性がなくても、貢献できる。

私は母が薬剤師で、幼い頃から働く姿を身近に見る中で、医療介護の業界で働く方々の真剣さ・仕事へのひた向きさを感じていました。私自身には医療介護の実践者としての専門性や経験はありませんが、エンブレースに入社し、MCSや現在の仕事を通じて、医療介護に向き合う方々の課題解決に伴走できることを、心から嬉しく感じています。入社してから休日は母とMCSや地域の医療介護連携の事例について情報交換するようになりました。

認知度が上がってきた実感。

最近は、医療介護関係者や、製薬企業などの関連企業の方から「MCSね、知っているよ」「(周囲でも)使っているよ」とのお声掛けを頂くことが増えてきた感覚があります。より多くの方にMCSを知っていただき、日々の業務に活かして頂けるよう、これからも注力していきます。

コミュニケーションのかたちをつくり、根付かせる。

MCSは医療介護者の方が、施設や職種をこえてコミュニケーションするためのツールです。メンバーと日々議論する中でも「MCSは独りぼっちでは使えない。2人以上の顔の見えるチームのイメージが具体的にあるから機能する」という話によく至ります。私たちの仕事は、全国の各地域で、このようなつながりを創りたいと思っているが、課題を抱えている方々に「各地域にあったコミュニケーションのかたち」をご提案し、その手段としてMCSをご提供しているのだと最近感じます。コミュニティデザインやコミュニケーションデザインに近いのかもしれません。そういった視点や取組みを面白いと思ってくれる人が入社してくれて、一緒に成長できたら嬉しいですね。

1日の流れ

08:30 出社 外苑前のカフェに立ち寄ってから出社。
ゆとりをもって1日をスタート。
09:00 デスクワーク 朝の落ち着ける時間に集中して企画作成などのデスクワーク。
10:00 クイック会議 チャネル事業開発本部とクイック会議。共同企画の方向性を固める。風通しの良い組織で部門間の連携もスピーディ。
10:30 研修会 毎月開催する社員同士の研修に参加。フレンドリーな空気で、各部門の業務内容や学びを共有。中途採用の社員の交流の機会にもなり、オンボーディングが進みやすい。
12:00 ランチ
14:00 来客打ち合わせ MCSを新規導入検討されている医療介護関連企業との商談。
17:00 One on One ミーティング チームメンバー1人ひとりと顔合わせながら、仕事の進捗や課題を共有。
今週やるべきことのすり合わせ。
19:00 取引先と会食、懇親会

INTERVIEW 社員インタビュー

数多くある会社の中からエンブレースを選んだ理由があります。
そして、エンブレースだから経験できることや、掲げられる目標があります。
入社後をイメージしながらお読みください。